TOP > 経鼻胃内視鏡




■■□ 経鼻胃内視鏡とは!?

 一般に胃カメラ(内視鏡)は口から挿入されますがその場合、喉の奥の舌の付け根(舌根:ぜっこん)にスコープが接触するため咽頭反射が起こり吐き気(いわゆる“オエッ”)を催すことが多い。これが胃カメラの最大の苦痛の原因です。
 これに対し口からではなく鼻から挿入する“経鼻胃内視鏡”では、スコープは舌根に触れることなく食道、胃に到達するため吐き気をほとんど感じることなく検査が受けられます。また鼻から挿入するため検査中も会話が可能ですのでモニターを見ながら医師に質問もできます。鼻からと聞いて痛そうと思われる方もあるかと思いますが鼻腔内は麻酔薬で完全に麻酔するため痛みはほとんど“0(ゼロ)”ですので安心して受けられます。もちろん鼻の異常のある方は挿入できませんが、経鼻内視鏡は径5.9mmと細いため口から挿入しても咽頭反射は少なく従来の内視鏡に比べ楽です。
 以前胃カメラをして大変辛い思いをされた方、これから初めて胃カメラをしたいが怖くて悩んでいる方、是非鼻からの楽な胃カメラをお勧めします。


<< 経鼻胃内視鏡 挿入イメージ図 >>




出雲中央クリニック院長 宮脇哲丸先生監修

 TOP